『呪術廻戦』12巻あらすじ【渋谷事変】降霊!甚爾完全復活

マンガ
スポンサーリンク

こんにちわ!

match-bouです!

今回も『呪術廻戦』あらすじ紹介していきます。

今回は『呪術廻戦』12巻あらすじ!大激戦となっている【渋谷事変編】降霊の紹介をします。

前巻11巻にてとんでもない霊が降りてきてしまいました!

タイトルに入れちゃいましたが…(笑)

降霊したのは?

その他にも白熱のバトルが……

『呪術廻戦』12巻あらすじをぜひ最後までご覧くださいね✨

スポンサーリンク

12巻あらすじの前に『呪術廻戦』11巻のおさらい!

12巻あらすじの前に、前巻『呪術廻戦』11巻おさらいしておきましょう。

人混みにおびき寄せられた【五条悟】を待っていたのは、【漏瑚】【花御】【脹相】たちだった。

しかし【最強】五条は圧倒的に強かった

まずは花御をあっという間に倒すと、渋谷に送り込まれた1000体もの改造人間を倒すため、【0.2秒】のみという【術式展開】し改造人間を数分で倒す。

しかし、漏瑚たちの本当の狙いは、『五条を倒すのではなく【封印】する』ことであった。

最強の封印具【獄門】を使い封印するための漏瑚たちには秘策が……

なんと五条の前に死んだはずの【夏油】が……

夏油と過ごした思い出などが蘇り、脳内で時間が経過してしまう。

ここで『五条悟が封印される』という事態になってしまう。

これにより、術師たちは慌てて作戦を変更し各任務にあたります。

悠仁たちは帳を壊すため、張り付いている呪阻師を見つけ出し、なんとか1人の呪阻師を悠仁と伏黒が倒す。

しかし!

猪野が戦う【降霊術】を使う呪阻師【オガミ婆】が、とんでもない霊を降ろしてしまう!!

オガミ婆が降ろした最恐の霊とは?

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』12巻あらすじ!【渋谷事変編】降霊

引用元:呪術廻戦

それでは大激戦となっている『呪術廻戦』12巻【渋谷事変編】降霊のあらすじ紹介していきます。

降霊術を使う【オガミ婆】が降ろしたとんでもない霊!

それは、かつて五条を死の瀬戸際まで追い詰めた男

伏黒恵の父【伏黒甚爾】だった!

甚爾と対峙することとなった猪野は、一瞬で甚爾にボコボコのボロボロにされてしまいます。

が、甚爾の肉体があまりにも強力であったため、オガミ婆の命令を全く聞かない。

それどころか甚爾はオガミ婆をも倒してしまい、完全に復活を遂げる

その頃、【釘崎】は別の場所で【伊地知】を刺した呪阻師と戦う。

大苦戦を強いられる釘崎の元に【七海】が登場!!

1級呪術師である七海の実力は物凄く、その呪阻師を圧倒すると、仲間の場所や情報を聞き出そうとする。

しかし本当に何も知らない呪阻師は、七海にひたすら殴られ続け、それを見ていた釘崎は改めて七海【1級呪術師】の実力を思い知らされる。

またその頃【悠仁】は呪胎九相図【脹相】と対峙しますが、防戦一方という状況、さらに脹相の穿血により深いダメージを負ってしまう。

死の恐怖に怯えながらも、自分を奮い立たせ必死に戦う悠仁。

懸命に戦いますが戦況は変わらず、脹相は悠仁を追い込み止めを刺そうとする。

しかしその時!

悠仁と九相図3兄弟が楽しそうに過ごす記憶』を脹相は見てしまう。

あるはずのないことに戸惑い、脹相の動きがピタッと止まる。

そこに今度は【夏油】、そして夏油を慕っている双子【菜々子】と【美々子】が現れて……!

といった感じが『呪術廻戦』12巻のあらすじになります。

様々な場所でワクワクする、まさに大激戦のバトルが繰り広げられていて見所満載の12巻です。

この【渋谷事変編】の続き『呪術廻戦』13巻では、またまた魅力的な展開に………!

意外な組み合わせのバトルなんかも…

復活した甚爾は?などなど楽しみな内容となっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『呪術廻戦』12巻のあらすじを紹介しました。

見所満載で目が離せない【渋谷事変編】!

完全復活を遂げた伏黒甚爾!

そして七海の実力!

悠仁vs脹相からの夏油や菜々子らの登場!

というとても面白い内容の12巻でした。

次巻『呪術廻戦』13巻では宿儺が…

となりますが、そちらはまた別記事で紹介していきますね✨

最後までご覧いただきありがとうございました✨

コメント